デビルメイクライ4はかなりの名作でした

プレイステーション3を手に入れたのでなにか良いものは無いかなと探していた時にデビルメイクライ4を発見しました。デビルメイクライは1作目から3作目まで遊んでいました。
その続編もきっと面白いのだろうと期待をしていました。そしてデビルメイクライ4は期待を裏切らない完成度でしたね。グラフィックがきれいになっただけではなくアクションもしっかりとしていました。
何度も遊んで上手くなりたいと思えるような作品でした。難易度は昔の作品に比べると少し簡単になったように思います。一作目がかなり難しかったのですが、デビルメイクライ4はさくさくと進められたと思います。
それでも簡単なゲームではありません。途中のボスであるダンテはハメ技を使わなければ勝つことは出来ませんでした。やはりデビルメイクライシリーズは高難易度です。

今回は2人の主人公が居ます。ネロとダンテですね。
ネロは悪魔の腕を持っていて、敵を掴んで投げることが出来ます。これがなかなか面白くはまってしまいました。
ダンテは今まで通りの使いやすさです。4つのスタイルを使い分けて先へ進んでいきます。
慣れてくると次々とスタイルを変化させて行動ができるようになります。それはとても楽しいことですし極めるとすごい動きができるようになります。このゲームは一度クリアしただけでは終わることはありません。
やればやるほど上手くなってコンボを繋げられるようになっていきます。それが面白くて何時間も遊んでしまいます。実際にキャラの性能が高く、それを使いこなす為に何度もプレイをすると言った印象があります。
思い通りにネロやダンテを動かすことができるようになってくると楽しくてやめられなくなるのですよね。